部分痩せを可能にする施術

体重計とレディ

個々の痩身法の性質

美容外科で取入れられている痩身の技術には多くの種類があり、ダイエットに関する幅広い要求に応えることが出来るようになっています。特に、新たに開発された痩身術の中には外科的な手法を用いる事無く部分的に痩せることが出来るものもあります。これは短期間でのダイエット効果に期待が持てるものです。しかし、短期間でスタイルを大幅に改善する施術にはリスクもあり、美容外科で採用されている痩身術の性質を理解した上で施術を受けることが必要です。中でも施術リスクを重視した場合にはレーザー光線の照射により部分的な脂肪を除去する手法が用いられます。しかし、短期でスタイルの改善を目指す場合には脂肪吸引などの外科的なアプローチが理想とされる事も多く、身体的な負担に配慮しながら皮下脂肪を取除いていくケースも見られます。やはり、身体から直接脂肪を除去する施術には大きな効果が期待でき、美容外科の部分痩せの施術でも費用対効果の大きなものです。しかし、この施術は皮膚がデリケートな部分には適しておらず、限定された箇所のみの施術となるために施術が適用される範囲を把握しておく事も大切です。

脂肪細胞を分解する施術

美容外科で行われている痩身の施術としては特殊な光線を照射するものが代表的です。しかし、これら光線を用いる痩身術には大変多くの種類があり、光線の性質と施術別の特徴を把握しておく事が求められます。この種の痩身術はレーザー光線等を用いて体内の脂肪細胞を破壊してしまう事が基本とされます。この破壊された細胞は代謝の機能により体外へ排出され、短期間での部分痩せが可能になるのです。また、レーザーが照射された部位は新陳代謝が促進され、血液やリンパの流れが改善します。これは過剰な水分や老廃物を体外へ排出することにもつながるので部分的な引き締め効果も期待できるのです。しかし、この施術は顔等のデリケートな部位には不向きであり、且つ何らかの処置を施した部位にも適用されません。その為、人工関節やペースメーカーを埋め込む手術を受けた経験がある方は、この種の施術を受けることができないケースが見受けられます。この痩身法は特定の部位の皮下脂肪を集中的に燃焼させる事が出来る為、部分痩せを目的とした場合には理想的な施術です。