美容外科のダイエット

女医

基礎代謝の働きのピークは20代であり、30代になると基礎代謝が衰えてきて体脂肪が燃焼しにくくなります。燃焼しない体脂肪は皮下脂肪や内臓脂肪になって体内に蓄積し、肥満症の原因になります。肥満症は病気の一種ですので、総合病院のダイエット外来でドクターによる治療が受けられます。しかし、一般の病院では肥満症の治療は可能でも美容目的のダイエット治療をすることはできません。美容目的の痩身術を受けるためには、美容外科に通院することが必要です。美容外科では美容の向上を最大の目標にしているので、美しく痩せることを目指せます。一般の病院のダイエット外来では部分痩せをすることはできませんが、美容外科の痩身術だと部分痩せをすることも可能です。美容外科の痩身術にはベイザー脂肪吸引やメソセラピー、キャビテーションなどがあり、全ての施術はドクターが自ら行います。美容外科のドクターは美しく痩せることを念頭に施術を行い、メリハリのある美しいボディにすることができます。美容外科ではセルライトも解消することができ、肥満によって劣化した肌が美肌になります。

脂肪吸引は美容外科の代表的な痩身術であり、皮下脂肪を取り除いて美しい体型にすることができます。最近はベイザー脂肪吸引による痩身術を行っている美容外科が増えており、従来の脂肪吸引よりも多くの皮下脂肪を取り除けるようになっています。ベイザー脂肪吸引は最新の脂肪吸引であり、施術を行うには高度な技術が要求されます。ベイザー脂肪吸引を行っている美容外科にはベイザー脂肪吸引の認定ドクターが在籍しており、専門医による治療が受けられます。ベイザー脂肪吸引は外科的治療による痩身術になりますが、患者さんの中には外科的治療は避けたいと思っている人も存在します。外科的治療の痩身術に抵抗がある患者さんには、メソセラピーやキャビテーションによる痩身術が適しています。メソセラピーは脂肪溶解注射と呼ばれる痩身術で、注射で皮下脂肪を溶解して部分痩せをすることが可能になります。キャビテーションは超音波施術であり、皮膚に超音波を照射して皮下脂肪を破壊して部分痩せを実現します。